ホーム>二俣川どうぶつ病院ブログ>病気について>異物 (竹串)の誤食
病気について

異物 (竹串)の誤食

2015123110411.JPG

年末に焼き鳥の竹串を誤って食べてしまったと言うことで、ワンちゃんが来院されました。条件が整えば、すぐに内視鏡を使って竹串を取り出す事が多いのですが、最終的にこの患者さんは経過観察をする事になりました(もちろん、消化管穿孔のリスクは少なからずありますので、何かあったらすぐに受診をしていただくという前提です)。年末年始は、竹串も含め、誤飲・誤食がふだんより多く発生します。飼い主の皆様は十分お気を付け下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futamatagawa.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/76

ページ上部へ