ホーム>二俣川どうぶつ病院ブログ>病気について>難治性再発性角膜びらん
病気について

難治性再発性角膜びらん

2015112554643.JPG

角膜のキズがなかなか治らず、1ヵ月間にわたり左眼を痛がっていたワンちゃんが来院しました。検査により難治性再発性角膜びらん(治ろうとする角膜上皮が下とうまく接着しないため、すぐにはがれてしまう状態。病名は様々な呼び方があります)が疑われました。外科的な介入が必要と判断し、翌日手術を行いました。その後、幸い経過は良好で、3週間後には完治しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futamatagawa.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71

ページ上部へ