ホーム>二俣川どうぶつ病院ブログ>病気について>大腿骨頭壊死症(レッグ・ペルテス病)
病気について

大腿骨頭壊死症(レッグ・ペルテス病)

2015713194618.JPG

右後ろ足をかばって歩いているという理由で来院したワンちゃん。身体検査とレントゲン検査で大腿骨頭壊死症(レッグ・ペルテス病)という病気が発見されました。右後ろ足は左側に比べて筋肉が痩せており、尾の方向に引っ張ると痛みがあったため、飼い主さんと相談して、壊死を起こしている大腿骨頭を切断する手術を実施しました。術後、すぐに痛みはなくなりましたが、かばって歩くことになれているため、これからリハビリを積極的に行っていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futamatagawa.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

ページ上部へ