ホーム>二俣川どうぶつ病院ブログ>病気について>なかなか治らない角膜びらん
病気について

なかなか治らない角膜びらん

201571053025.JPG

目をショボショボさせるという理由で来院したワンちゃん。眼の検査で角膜びらん(角膜上皮の表層がはがれた状態)が発見されました。点眼薬による治療を開始しましたが、通常ならもう治っているはずなのに、全然良くなりません。再度、角膜の検査を行ったところ、角膜上皮の接着障害が確認されました。これは、本来なら下とくっつくはずの角膜上皮が、何らかの原因でうまくつかない状態です。治療を追加して行い、現在、良くなってきています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futamatagawa.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/55

ページ上部へ